ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
考えていることのメモとか

正しいモチベーションは達成感と充実感

2009/01/27

どんなことであろうとも成功するための秘訣は、正しい方向性で長い間続けることだ。

そのためには正しいモチベーション(動機付け)が大切だと言われるが、それって人によっても違うし、年齢によっても違うし「モチベーションって一体何なの?」「成功していると言われる人のモチベーションって何なの?」って考えていた。

最近は正しいモチベーションって究極的に言うと達成感と充実感の積み重ねじゃないのかって想えるようになってきた。

ウェブサイトを作りつつ考えてきたこと

オイラは2005年から、このウェブサイトを作っている。

常に疑問だったのが、「自分は何のために作っているんだろう?」ってことだった。

それほどお金になる訳でもないし、楽しいことより辛いことの方が多いのに?何で?毎日のように何かしら作っているの?何か学ばないといけない大切なことがウェブサイト作りを通してあるんだろうか?

などと、悶々と考え続けていたように想える。

モチベーションはサイトから入る「広告収入」だったり、かわいい子から「キミの視点は独特だから、ほうしうさん的ワールドを作ってね♪」って言われたことだったり、技術的なことを学ぶことだったり・・・。

でも、そのうちのどれもが、「何か違うなぁ・・・」って感じだったし、実際にそれは間違いだったということに気付いた。

最近、年齢のせいか、考えてきたことの収穫期であるのか、心が穏やかになって、怒りや不安や焦りが少なくなってきた。

その穏やかさでウェブサイトを作った後、頭の中が空っぽになるような感覚がやってきた。

以前も同じような感覚はたまにあって、その時はまだ心にネガティブが残っていたからか、このぽっかりした感覚はダメだ、どうにかしないとやばい!って感じていた。

でも、その感情に穏やかな心で目を向けると、実はその空っぽになった場所にあるのは達成感や充実感なんだって分かって、しばらくその感覚の中に浸ると気持ち良いことに気付いた。

ネガティブフィルタを通して世界を見ると、心地よい達成感や充実感の感覚すら別のネガティブなモノに見えていたというのは驚きの発見だ。

達成感や充実感という視点から世界を眺めてみた

そういうポジティブな視点で世界を見てみると、努力している人や成功しているといわれる人は、傍目から見ると「我慢して苦しんでいる」ように見えても、そこに多くの達成感や充実感を感じていることに気付いた。

そうやって達成感や充実感を経験していくと、人間は欲張りだから、「もっと大きな充実感を、もっと大きな達成感を!」と成長していくものなんだって想う。

決して、「我慢して苦しんで得る」ものではなく、「達成感と充実感の積み重ね」で、大きな結果を生むんだろうな。