ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国と北京の交通

春節旧正月の時期の交通機関

2007.2.21

大晦日の日に、三里屯のパーティに行った。

バスに乗ったが、バスの運転手は不機嫌そうだ。

「何で、こんな日に働かないといけないんだよ」

と、心の声が聞こえてくるようだ。

たいがい春節の時期に働いている人はハッピーには見えない。

チケットは取りにくい

msnメッセンジャーを起動していると、「票不好买啊 快买吧!!!!」

などと、この時期はチケットが取れないから急いだほうがいいよ!など名前の後ろに書いてアドバイスしている人が多かった。

実際に春節旧正月の天津旅行でも天津→北京は座るチケットが取れず立ち通しだった。

春節旧正月 北京駅の混雑

春節の民族大移動へ向けて
チケット売り場に並ぶ人また人

天津北駅

旧正月春節の天津北駅
旧正月で人がいっぱい。北京に比べてワイルド。

都会に慣れていない人たち

春節の時期の北京には都会に慣れていない人たちが多いようだ。

地下鉄の乗り降りで、扉が開いたら、乗客が降りるのを待たず我先にと、一斉になだれ込んできた。

エスカレーターも急がない人は右側に立っていることが多いが、今日はバラバラ。

地下鉄の切符を買おうとしたら、横から割り込んで来る。

誰かが、「チッ!」(田舎者め!)と舌打ちしたのを聞いて、すごすごと列の後ろに並んでいた。

中国は、並ばない、マナーが悪いとはよく言われているが、オリンピックを控えた首都北京は他の地域と比べると、ましなんだろうと気づいた。

実際最初に地下鉄に乗ったときは、「言われてるほどひどくないじゃん?」と感じたし。

 

「あんた、年に3回ぐらいしか風呂はいんないでしょう?」という人もいた。

満員電車でその人が隣に揺られていたらちょっと気持ち悪そう。。。

それと比べると北京人は、ふけが浮いて頭髪が少し脂ぎってるぐらいで、だいぶましだ。