ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国と北京の交通 北京のタクシー

北京のタクシーぼったくり体験談!

2006.12.20

空港のタクシー乗り場でタクシーを拾った。

オリンピック前だから、制度をしっかり文明化しようとしているから、そこまで酷いことはないだろうと思っていたが、甘かった。

ここは、中国だ。

オリンピックのために文明化!ってスローガンがあるような後進国だったのを忘れていた。

システムって何?と言う後進国の人間たちのやることだ。

文明化されたシステムが働くわけがないのだ。

北京国際空港のタクシー

空港のタクシー乗り場では、係員と偽タクシー運転手がおそらく結束していてひそひそと話をしている。

行き先を告げると係の人が、これに乗ってと、黒い怪しげな高級タクシーを指さした。

何のために、係員がいるんだろう?

何か変な印象があったから、ぼったくりだと直感したが、良い機会だと思って試してみることにした。

こうやって今レポートできる!

 

まず、そのタクシーには下の図にある北京の正規のタクシーには付いている料金表示が付いていない。

北京タクシー料金

前の座席に座ろうとしたら、「後ろに座って」と言われた。ちょっと違和感。

中国のタクシーは前に乗るのも一般的だから、後ろに座ってと言われたことはなかった。

 

正規のタクシーには、助手席の前にタクシーの運転手の名前と営業許可番号が貼ってあるが、このぼったくりタクシーにはなかった。

メーターも付いてない。

 

「着きました。ここです。」

?途中じゃん?

普通のタクシーなら、目的地までいってくれる。

分からなかったら道ゆく人に聞いたり、携帯電話で電話かけて調べたり。

出迎えに中国人が出てくるかもと、怖がってたんだろう。

 

到着したら、170元ですと、足下に隠してあったメーターを取り出した。

空港に近い家だから、普通なら50元程度だ。

「そんなわけないでしょ?」

「高速料金も込みでこの値段です。」

「領収書ちょうだい。」

「はい。」

と、高速道路の領収書を2枚手渡された。

北京のタクシーの領収書はメーターから出てくる用紙だ。

「何これ?高速道路の領収書じゃなくて、タクシーの領収書!」

そう言うと、メーターから領収書を取るふりをして、足下に隠してあった偽の領収書を手渡された。

 

オイラはここで、少し恐怖を感じた。

中国人は日本人から見ると些細なことで、殺人事件を起こす印象があるから、このタクシーの運転手がプチッてきれたら、怖いなと。

で、タクシーから降りて、ナンバーを控えようと思って、ナンバーを見た。

そしたら、ボンってトランクが跳ね上げて、走り去っていった。

なるほど、ナンバーが後ろからは、見えないねぇ。

妙に感心はしたが、番号チェックする時間はある。

これも、妙に中国っぽくて笑える。

 

人を騙して稼いだお金で高級車に乗っているようだけど、母親や父親はそれで嬉しいのだろうか?

奥さんや子供もそれで嬉しいのだろうか?

職業は?

外国人をぼったくるタクシーです?

中国人はお金に対しての執着心が強くて、道徳心が薄いから?

思考が短絡的だから?

それで幸せなのかも。

一生豊かであろうと思えば、正直でいることだ。

この言葉の意味すら分からないんだろうなぁ。