ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国と北京の交通 中国の交通問題 人命・人権軽視の中国

中国では交通事故に気をつけて

2006.09.05

交通事故は結構よく見る。

軽くこすったのを含めると、相当な数を見た。

北京の荒れた運転を見ればそりゃそうでしょう。

借りている家は北京の中心からは外れているが、事故を見る確率は日本より高い。

事故があると、興味津々の野次馬がたくさん集まってくる。

人が血まみれで倒れている現場も一年間で2回見た。

あまり気持ちの良いものではない。

「ぴくりとも動かないけど、生きてるの?」って野次馬の一人が他人事のように言っていたのが印象的。

交通事故の統計を見てみると、毎年10万人以上の死者、日本の10倍の割合で事故が起こっているそうだ。

 

中国に旅行される方は、車の事故には気をつけましょう。

慣れないと道の横断も危なっかしいから、もし信号があって青でも、顔を車のくる方向に向けて、にらんで威嚇してください。

私だけは大丈夫と思わずに、海外旅行保険も忘れずに

. . . .

交通事故が多い理由 運転マナーが未熟・・・

中国の運転は荒い。

西安に言ったときには、もっとひどくて、日中道路を逆走している車を見た。

北京でも夜は逆走している車もいるから、似たようなものか。

おそらく自転車の延長のような感覚で乗っている。

自転車社会が急に自動車社会になったものだから、マナーが追いついていない。

また歩行者も信号の意味を理解していない。

「車が来ないのに何で行っちゃいけないの?」「車が来ても止まってくれるから」とばんばん渡る。

爆発的な経済の発展に伴う、一つの弊害といえるかも。

交通事故が多い理由 「命」軽視?

2009/08/02

友人は「以前車で人を轢いたことがあるんだよね~」ってちょっと凹んでたけど、日本語で表現するなら「俺、この間猫ふんじゃったよ・・・」みたいな感じ・・・。

人が死んでもしょうがない。

自分が死んでもしょうがない。

人はいつかは死ぬじゃん。

まぁそうだけど、気を付ければ防げること多いじゃん・・・?

あらゆる場面に「命」軽視を感じる中国の社会だ。