ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の注意事項 中国の抗日運動・反日運動

尖閣諸島問題

2010/10/03

報道だけを見ると「すべての人が反日感情を強くしている」ように感じられるかも知れないが、実際報道される内容と現地に在住している感覚は違う。

定期的に行われる「祭り」のような感覚というのが一番ぴったりくるのではないだろうか。

報道って「情報操作しようという意図がある」ということを知らずに触れると大変な場所に連れて行かれたりもする。

 

ただ今回の尖閣諸島問題を見ていると今回のは定期的な反日のポーズではなく実際に戦争を始めたい中国政府の焦りのようなものを感じてしまう。

戦争で国民の怒りを反らし敵国(日本)に向け、日本を統合して西日本を東海省とし「豊富な水資源」と「技術力」を手中に収め、東海省に大量に中国人を移住させたいと。

そういう「計画 」を聞いたこともある。

これが冗談として聞き流せるならいいんだけど、中国の現状を目の当たりにするとこれが冗談でなく本当にそこまで考えないと今の政権が成り立っていかないレベルなんだなぁと。

それほどまでに中国の現状というものは追い詰められ、さまざまな歪みが表面に現象化しているように思う。

今中国の民衆は「すごい勢いで発展中の中国!」という幻想の中で不満があって多少苦しくとも明日を夢見てがんばっている。そういう表現がぴったりのように思う。

しかし もうすぐで中国バブルははじけると言われている。

そうなったときに民衆の不満は「こんなになったのは俺たちじゃなくトップにいる人間がバカだから!」と政府に直接向かうのは目に見えている。

今現在であっても民衆の潜在的な不満は日に日に高まっていて、歴史の必然として中国バブルは必ずはじけるから、その日が来たときにどうなるのか・・・。