ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の注意事項 中国の抗日運動・反日運動

2005年4月の反日運動

日本人は中国で嫌われているという印象を持っている方も多いかも知れない。

実際に北京では定期的に反日運動がある。

日本の報道「中国の反日運動燃えさかる!」ではあるが、中国の実情は「お祭りみたい」

この温度差は何かな~っていつも思う。

報道は真実を伝えない。

中国の反日運動・抗日運動 中国の反日運動・抗日運動 中国の反日運動・抗日運動 反日運動のガキ

2005年5月の反日運動
お前分かってないやろ!(笑)

2005年の4月、中国に来た直後に反日運動が燃えさかっていた。

日本にいる知人から「大丈夫か?」と毎日のようにメールをもらいセキュリティのしっかりした場所に引っ越そうかと海外ウィークリーマンションのサイトで問い合わせたことを想い出す。

ただ、その騒ぎを見物に行った日本人の学生さんが「何かね、お祭りみたいだったよ」というのを聞いて、日本の報道と現地の実情はかなりかけ離れていて報道って怖いなって実感した。

もしも神の言葉があったとしても、立ち止まり一考し自分自身で判断しよう。

実際オイラの住んでいた地域では何事もなく、普通に買い物に行って、「どこから来たの?」「日本」と言っても、庶民レベルでは何も問題はなかった。

庶民の不満をそらすため、国民の意識を仮想敵国に向けさせコントロールしやすくするため、などの政治的な理由で定期的に反日運動を扇動しているような印象がある。

ただ、万が一の場合を考えて、反日運動の最中に中国を訪れるのは避けた方が賢いとは言えますね。