ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 北京のインターネット

ネットカフェでインターネット
~コーヒーでもたしなみながら~

2007.5.19

最近引越して、インターネットを設置していないので、ネットカフェに良く行く。

極端から極端に走りがちな性質があるのか、引きこもり気質なのか、どちらにしても良いことではないのだけれど、部屋にインターネットがあると食べるのも面倒になるぐらいパソコンでずーっと遊んで?いる。

そういう傾向があるのでしばらくは部屋にインターネットは引かないようにしよう。

15元(230円程度)のコーヒーでネットカフェで半日過ごすのが、最近の^-^ほうしうスタイル!

ネットカフェ

無線LANサービスで、インターネットに接続できるサービスを提供しているカフェ。

無線LANが使えるノートパソコンを持っていれば無料でインターネットに接続できる。

北京では主に外国人向けにそういうカフェは多くなってきている。

ネットカフェで過ごしている中国人は意外と少ない。

「コーヒーなんてわけも分からない奇怪な飲み物に15元もだすなんて、外国人は馬鹿げている」ってことなの?

^-^ほうしうとネットカフェ

良く行く場所はコーヒー2杯まで15元(230円ぐらい)のネットカフェ。

コーヒーも美味しくはないけど、まぁ飲めるし。

コーヒーだけで半日粘る客を迷惑かと言えばそうでもなく、ここは家か?オイラのオフィスか?と思うほどに店員はほっておいてくれる。

15元という価格は現地の一般的な感覚からすれば高価だから別に「俺って迷惑な客?」とか悩まずに、それでいいんじゃないかっていいわけみたいに想ってる。

おなかがすいたら何か注文することもあるし、そのまま外に食べに行くこともある。

外のほうが安くて美味しいから。