ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 北京のインターネット

ウイルス体験記

2007.1.5

2006年の年末。

ルームメイトのパソコンが強力なウイルスに感染した。

windowsを再インストールしても使えないから^-^ほうしうのパソコンをちょっと使わせてちょうだい♪と笑顔でやってきた。

今想えばこの笑顔は天使の笑顔ではなく、暗闇から薄笑いを浮かべる死に神のものであったのかもしれない。

彼女が使っていたUSB接続のハードディスクにもウイルスが感染していたんだろう。

ものの見事にウイルスに感染した。

今までひどいコンピューターウイルスに出会ったことはなかったけど、中国で初めてウイルスに感染!

以上にネットワーク接続が遅い。

動作も遅い。

タスクマネージャーで、バックグラウンドで動作しているプログラムを見たら、ウイルスがうようよしていた。

インターネットに接続するとバックグラウンドで新たなウイルスをインストールするらしい。

丸一日ウイルス駆除に関わっていたがどうにもならなかった。

修復をあきらめてWindowsを再インストールした。

でも、それでも同じ現象!

手が込んでるなぁと思ったのは、ファイルとフォルダオプションで隠しファイルを見ようとする設定を変えることができないこと。

ルームメイトの中国語windowsの環境ではctrl + Alt + deleteでタスクマネージャーを起動しても一瞬で終了する。

インターネットにつなぐと新しいウイルスをインストールするし、すごく手の込んだプロっぽいウイルスだと感じた。

ここまで嫌らしいウイルスは今までに経験したことがなかった。

AVG Free Edition

AVG Free Editionでスキャンしてもウイルスは見つからない。

で、その日の夕方にAVGのウイルスパターンファイルが更新されたから、もう一度スキャンすると、ウイルスを発見!

すべてのドライブのルートにいる。

できたてほやほやのウイルスだったのね。

そういえば、ニュースサイトで新しいウイルスに注意って警告をみた。

システムファイルも初期設定で見れるx-finderというソフトでも見れなったのに。

windows 2003 server

それで、いったん駆除してもインターネットに接続すると新しいウイルスが次から次へと入ってくる。

こういう時のために以前veryCDとemuleでダウンロードしていたwindows 2003 serverを入れた。

それでも細かいウイルスは残っているらしく、動作が遅い。

でも、使えるレベルだからいいや。

また、暇になったときに修復しよう。

ルーターの購入

ウイルスが入ったせいか、インターネット共有にトラブルが多くなって、ストレスが多くなったのでルーターを購入した。

208元。

これで多くの問題が解決した。

今までの苦労は何だったのかと。

台湾地震の影響

悪いことに、ウイルスと戦っているさなか、

台湾地震の影響で台湾付近の海底ケーブルが切れて、中国と国外のインターネット接続が非常に遅くなった。

どうしろと。。。

BORN TO LOVE - cockroach in the laptop

ハードディスクを完全にフォーマットして、windowsを再インストールしたルームメイトのパソコンが起動しなくなった。

電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない。

電源が入らないことにはどうしようもないから、パソコンショップに持って行ってみると、

ノートパソコンの中からゴキブリが出てきた。。。

これがほんとのウイルスやね。。。

中国ではおもしろいことばかり起こる。

追記 お祈りパンダに要注意!!

そういえば、お祈りパンダが出てきたこともある。

安易なパスワードを使ったネットワーク共有を通じて拡散するらしい。

そういえば、パスワードは設定しないでネットワーク共有を使っていた。。。