ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 中国 データベース
忘れ物はありませんか?楽天旅行アイテムリスト
バタバタしすぎてパンツ履き忘れて出かけること、みんなありますよね?

中国の電圧とコンセントのプラグ形式と周波数

中国の電圧は220V。周波数は50Hz。

日本の一般的な電気製品を使うためには 変圧器 が必要。

壁の差し込み口の多くは変換プラグ型なので、このタイプの 電源プラグ を持っていると何かと便利。

中国のコンセントのプラグ形式

中国国内で使用されているプラグ形式は7種類。

なお、世界で使用されているプラグは7種類ですって!(笑)

大雑把な国だからいうより、列強諸国の進出を許した歴史がもたらした影響。

コンセント変換プラグ

ノートパソコンやドライヤーなど中国で日本製の電気製品を使う予定があれば、変圧器(後述)と電源プラグがあれば安心。

中国のコンセントプラグ
コンセント延長中国の電源プラグ

左 中国国内で主に壁にあるコンセント。少し焦げている。
中央 延長プラグ。どんなプラグでも使える。
右 中国の電化製品の一般的な差し込み口。

一般的に壁の差し込み口は変換プラグ型ですが、統一されている訳ではなく特に古い建物だったりすると違うこともある。

楽天市場 海外旅行用 電源プラグ で必要なものを選ぶのが確実で簡単。

中国の電圧と変圧器

変圧器の質が悪ければ、110ボルト以上を出力していることもあって故障しやすくなるし、中国で買った変圧器は正しく使用したにも関わらず熱で溶けて壊れた・・・!

北京でも電源関係でトラブルが多発するし「これはちょっと酷いんじゃないか?」と北京のホテルで電圧を測定してみた日本人によると、目でみえるレベルで±20Vぐらい変動しまくってたと・・・。

実際上の写真にある差し込み口は少し焦げてるし・・・。

ノートパソコンなど、変圧器不要で使えるものであっても、変圧器は日本で質の高いものを購入するのがオススメ。

大切なパートナーの電化製品ならば変圧器も一緒に連れて行ってあげてね。

変圧器を置いてある店は地方には少ないし、選びにくいので
楽天市場 海外旅行 変圧器から旅行用品と一緒に買うと楽だと想われ。

周波数について

世界の周波数は50Hzもしくは60Hzのどちらか。

コンセントに関しては日本は統一のとれている珍しい国だけど周波数に関しては、西日本が60Hz、東日本が50Hzと統一されていない珍しい国だ。

でもそのおかげで、今の日本の電化製品は50Hzと60Hz両方に対応できるから海外へ行っても周波数のことを気にする必要がない!

ラッキー&ハッピー!

忘れ物はない?楽天市場の旅行用品チェックリストでチェック!
海外旅行前の準備は時間的にも気分的にもバタバタしがちで、どうしても忘れ物が多くなる! 楽天市場の旅行用品チェックリストと通信販売を利用するとストレスが少ない。 都合の良い時間に頼めるし、物量豊富だし、商品が品切れしていることも少ないし、待ってるだけで届くし!
オススメその1 携帯用おしり洗浄器 おしりシャワー vivi
オススメその2 「ギフトランド」で定番のお土産をチェック!