ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
北京の天気と催し物 乾燥気候が起因する文化

中国人の嗅覚
乾燥して鼻の粘膜が乾くからか臭いに鈍感?

2007.01.11

北京に住んではや2年。

乾燥して鼻の粘膜が乾くから退化してしまったのだろうか?最近においに対して鈍感になってきた気がする。

初めて中国に来た頃は「中国のニオイ」とでもいうような独特のニオイを感じて不快になることも多かったんだけど、最近はそういうニオイを感じなくなっている。

その臭いに慣れたのもあるのかもしれない。

満員のバスに乗っても地下鉄に乗ってもほとんど臭わなくなってしまった。

北京では入浴の文化が育たなかったのも分かる。

基本的に乾燥しているから臭いを感じないし、相当の悪臭じゃないと分からなくなってしまうんだろう。

中国人の舌の味覚細胞は世界一多い

中国人は味覚を感じる舌の上の味覚細胞は世界一多いという。

これも他の文化では食べないものを食べたり、いろいろバラエティに富んだ食事をしているというのもあるだろう。

もう一つの理由は気候を因とする嗅覚の退化じゃないかなって感じたことがある。

食べ物の味を感じるのは味覚と嗅覚で、試しに目隠しして鼻をつまんで食べると食べ物の味は分かりにくくなくなる。

大まかな味は舌で感じて繊細な味は鼻で感じるそうだ。

嗅覚が発達していない分、味覚細胞が発達したのかな?