ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 北京の天気と催し物 乾燥気候が起因する文化

北京の気候への慣れ

2006.7.26

2005年の夏は、「生きていけるのか?」って思ったぐらいだったけど、2006年は、そんなこともなかった。

余裕で生きている。

慣れってすごいな。

北京の冬

2007.12.13

12月の初旬に半年のウィーン生活を終えて、北京に帰ってきた。

寒い。

乾燥しているからか、寒さの質が違う。

慣れるのにはしばらくかかりそう。

今は、短編映画「北京の休日」でお世話になった水屋の主人の部屋に泊めてもらっている。

外と変わらないんじゃ?って思うほど寒い部屋だ。

眠るとき^-^ほうしうは、今までにこれほど着込んで眠ったことはないほどに着込む。

一方、隣で寝ている水屋の主人は、パンツ一丁。

「暑いから」だって。

何か神経が一本足りないんじゃないかと思えるほどの違いだが、気候気温への慣れの方が大きいんだろう。

でも慣れたからといって、この寒さの中裸で眠るようになれるとは、想像できないけど。

元気だなぁ、中国人。。。

北京の夏

2006.7.26

去年の7月は、生きていけるのかと思うほどに熱さを感じていた。

暑さではなく、熱さ。

しかし、人間の慣れというのは恐ろしいもので、今年はそこまで熱いとは感じなかった。

そういえば、北京に来た最初の頃は、毎日お風呂に入れなかった。

こんなに乾燥した気候だから、お風呂に入った後に、お肌の潤いまで逃げて肌がぼろぼろになる感じ。

怖・・・。

それが、最近は乾燥した気候に肌が対応してきたのか、お風呂も平気になった。

潤い感が増している。

高地トレーニングするマラソン選手のように、厳しい環境で肌が強くなったんだろうか?

体の機能ってすごい♪