ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
北京の天気と催し物

中国のメーデー 労働節

2008/05/02

中国は一年に3回の長期休暇がある。5月1日からの労働節・10月1日からの国慶節・旧正月に当たる春節

日本で働いている人から見たらうらやましい限りだろうが、社会が機能しないのは旅行者には大丈夫でも住んでいるとちょっと不便。

「休み明けに電話して」といわれることに慣れた。

昨年までは、中国の休暇に関わらず、悲しい目をして働いている中国のロバのように働いていた。

今年の5月1日から5月7日まで中国の労働節・メーデーの休暇はのんびりだらだらだらだらと過ごしている。

去年まですごく働いたから自分へのプレゼントだ。

労働節・メーデー

労働節・メーデー
至る所で国旗が掲げられる

労働節・メーデーに機能しなかったもの

2007.5.7

ATMは年中無休24時間使えるし、スーパーや食堂は平常どおりのところが多いので春節の時期ほど困らない。

この時期に引越しをしたこともあって、この休暇の時期にいかに中国が機能しないかを知ることになった。

まぁ普段から日本みたいに機能しない中国だけど、多くの会社がこの時期は休みで更に機能しない。

バスカードの充値
近所のコンビニで北京の交通カードを充値しようとしたら、今は休暇中だから出来ないといわれた。何のために機械化してるんだって思った。

電話の設置
新しく引っ越したから、インターネット回線を繋ごうと思って電話したら、技術者が休みだから8日以降に電話してくれと言われた。まぁしょうがない。

ビザの更新
中国ビザの更新が差し迫っていたので電話した。8日から仕事始まるから、また電話してといわれた。

更新が中国の長期休暇と重なっている人は要注意!早めに!

ビザの取得:日本の中国大使館も休み
知人が北京に来るためにこの時期にビザを取得しようとしたら、労働節のために日本にある中国大使館が休みでビザをとるのは8日以降になった。

ビザが必要な人は中国の長期休暇期間は気を付けよう。

参考:フルムーンの中国旅行
中国の魅力に取り憑かれた著者が、現地で遭遇したホットな体験の数々。