ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 北京の天気と催し物

春節 中国の旧正月

2007.2.18

春節の前日、日本で言う大晦日、いわゆる过年は三里屯のバーでお祝いのパーティーに参加した。

多くの人が帰省しているから、人通りは少ない。

三里屯を歩くと、いつものように客引きが寄ってくる。

今日は人が少ないから、奴らも必死だ。

マッサージ100元。ビール10元。安いよ。女の子可愛いよ!」

説明しながら延々と着いてくる。

「今日は过年だから人が少ないの?」

と聞くと、12時過ぎると、お祝いムードで人は少し増えると。

どこの国でも同じ、新年のカウントダウンだ。

 

12時近くになると、外に出てみんなで花火爆竹を鳴らして祝う。

戦火のような轟音と閃光が街中に溢れている。

関西お笑い芸人がこれを見たらきっとこう言う。

おまえらあほか!

火薬使いすぎ!」

春節 爆竹花火

北京の街角で爆竹花火

春節 爆竹花火

北京の街角で爆竹花火
12時の年越しを待って一斉に爆竹花火で祝う。

中国人にとって春節は一番重要なイベントで、多くの人が帰省し家族揃って餃子を食べる。

新年を迎える数日前から、普段はあんなに慌ただしい北京が、なんだろう、静寂を携えまったりとした雰囲気に包まれる。

「新年快楽」「新年好」と誰とでもフレンドリーになる。

「この日は、中国人は寝ないんだよ」って深夜幸せそうに友人と酒に酔う。

春節の風景。中国人は赤色が好きだ。

帰り道に見た赤い照明
中国人は赤い照明が好きなのかも。

そういえばオイラの北京のアパート2の寝室は赤い照明がラブホテルみたいだった。

翌日の惨状

前日あれだけ爆竹花火をするものだから、翌日の朝の惨状は酷い。

しばらくはこういう汚い街並みになる。

春節 爆竹花火 翌日の惨状

翌日の惨状

春節 爆竹花火 翌日の惨状

翌日の惨状
翌日はゴミが酷い。