ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国旅行の基本情報 北京の天気と催し物 北京の月別の天気と催し物

4月北京の天気と気温 春の日差し

北京の4月は、春の陽気を感じることが多くなってきます。

暖房は3月の半ばで切れて、その直後は寒いときもありますが、だんだんと春の陽気になってきます。

砂埃がなかったら、最高に近い季節なのですが。

雨 カップラーメン 寒さ 切なさ

2008/04/22

4月21日と22日は北京では珍しく一日中雨だった。

窓の外を眺めながらカップラーメンを食べたくなるようなしとしとした雨。

翌23日は冬の寒さがぶり返したようで、何か切なくなる。

20日までは暖かくて部屋の中では服を着ないで過ごしたというのに。

北京で桜 玉淵潭公園

2008.4.16

日差しの優しい4月のある一日、桜を見に玉淵潭公園におでかけした。

北京で桜 玉淵潭公園

その他の写真は北京で桜・玉淵潭公園から

今年はじめて、裸で過ごす

2007.4.7

とても天気が良い休日。

ぽかぽかとした優しい春の日差し。

日向ぼっこをしていたら、裸になりたくなった。

北京の気候は人をからっとして裸になるのが最高に気持ち良い。

夏暑くて周りに迷惑がかからないんだったら服を着ている必要もないし。

そこで、アメリカ人とオランダ人ルームメートに聞いたら、別に裸になってもかまわないよと言われたので、家の門を閉めて、庭でオールヌードで日向ぼっこをしてみた。

全裸!

そういう部分に理解があるのが嬉しい。

オランダ人の彼女曰く、「西洋では休日になると、自然の中でオールヌードで過ごすコミュニティがあるし、自然なことなんじゃない?」って、裸で日向ぼっこをしても特に気にしない。

全裸でぽかぽかとした日差しの中で体を伸ばす。

風が優しく心地よい。

こういうのは、日本では経験しにくいだろうな。

風が強くて目が痛い。。。

2006.4.2

コンタクトレンズをはめている。

この季節は風が強いし、ホコリは舞うし、目が痛い。

以前このサイトのどこかで、「短期なら、コンタクトでも問題ないんじゃ?」って書いたけど、風の強い日はやはりメガネが良い。

コンタクトレンズしか持っていない人は、根性!と目薬を忘れずに持っていかないと辛い。

海外旅行の乾燥対策も参考に。

黄砂

黄砂・北京砂漠
春先は特に黄砂が酷い

春の雪

2005.04.26

北京の春。

タンポポのような綿毛が雪のように舞う。

春の雪。

映画のワンシーンのよう 。

暖かい日差しの中にフワフワと舞い降りてくる。

北京に春を告げる。

 

が!

綿毛が鼻に入って鼻が痛い!!

慣れないのか敏感になりすぎたのかは分からないが、とりあえず鼻が痛い。

花粉症ではないから花粉症の辛さは分からないけど、 それに似ていると思う。

春の雪を燃やしてみた

798芸術地区の工場跡地にたまった「春の雪」を燃やしてみた。

798芸術地区にて「春の雪」を燃やしてみた
ちょっとはまりそう。