ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
海外旅行の準備と持ち物リスト 海外旅行の気候対策

海外での天候の違いへの対応

2006.12.2

まだ、あまり物事を知らなかった頃、横綱だった曙のインタビューで「日本の夏と、冬はどちらが苦手ですか?」と聞かれて、

嫌〜な顔をして「蒸し蒸しした夏が嫌いです」と。

ハワイ出身だから夏は平気なのかと思っていたけど、そこまで違うの?って疑問に感じたことがあった。

海外の生活をはじめて、その気候の違いが分かり初めた。

追記 気候へ慣れるのは案外時間がかかる

2007.1.20

今年の日本の冬は暖冬だそうだ。

しかし、日本に帰ってきた直後は部屋の中が寒く感じた。

こんなに寒いのに生きていけるの?と。

それが1週間を過ぎたあたりで、普通に寒さを感じなくなった。

北京の乾燥した気候の寒さに体が対応していたようだ。

 

オーストリアの友人は日本の冬は体の心から凍える感じで、オーストリアより寒く感じるという。

オーストリアではマイナス20度になるぐらい冬は厳しいのだけれども。

 

^_^ほうしうは昨年は北京、今年はウィーンの冬にいる。

今年は例年より暖かいそうだけど、北京のカラッカラに乾燥した空気の冷たさと比べると、同じ気温ならウィーンの方が暖かく感じる。

北京の冬を最初に経験したときは、こんな寒さが地上に存在するの?していいの?って思った。

鹿児島生まれだけに。

慣れの部分が大きいみたい。

そしてその気候の違いに慣れるにも予想以上に時間がかかる。

短期旅行の際には対策を充分に

気候に慣れないと、体感温度よりも温度が低く感じたり、高く感じたり、とにかく体調を崩しがちです。

気候に体が慣れるには案外時間がかかりますから短期旅行の際は対策を充分にしてから出かけましょう!

寒さ対策乾燥対策も参考に。