ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
海外旅行の準備と持ち物リスト 海外旅行の薬

海外旅行の薬

海外旅行で現地の薬は、強かったり、体に合わなかったり、日本から自分にあった薬を持って行くと安心です。

たとえば風邪薬や胃腸薬、頭痛薬などは自分の使い慣れたものを持っていくほうが無難です。

具合悪い中薬局で説明するのも困難な場合あるでしょうし、効き具合も違うし、その処方された薬が体質に合うかは分からないし、もし海外では入手できない薬であったりすると大変なので。

持ち込みの際のトラブルを避ける

一般の薬であればまず問題なく海外に持ち込めます。

ただし薬をもっていく場合はカサを減らすために散剤や錠剤を剥き出しのままケースに入れていくと麻薬や覚せい剤と間違われる可能性があるので、できれば薬の箱のまま持っていくか説明書や処方箋を持参するのが無難です。

日本と外国では薬事法の規制が異なり、日本では使われていない成分が外国の薬には入っていることがあります。

また日本で使用されている向精神薬・精神安定剤・睡眠薬・睡眠導入剤などは地域によっては違法となることがあります。

トラブルを避けるためにも、処方薬の内容を記した証明書や処方箋のコピーを持って行かれることをオススメします。

参考 海外旅行:向精神薬・精神安定剤・睡眠薬・睡眠導入剤など

処方されているお薬はお医者様に相談しよう

医師の処方する薬は何日分しか出せないという決まりがあります。

海外に長く滞在予定で、医師から薬の処方を受けている方は、医師に相談しましょう。

薬には体との相性もあるので、現地でどうにかするよりも、実際に処方されている薬を持って行く方が安心は安心だと思います。

同じ薬が海外にあるとは限りませんから。

 

^-^ほうしうの場合は倍量処方してもらいます。

「ほんとは倍量処方はやっちゃいけないんだけどなぁ。最近は倍量処方のチェックが厳しいんだよなぁ。しょうがないなぁ。。。」と言われつつ。

実際は違法ですが命には代えられません。

それでも足りないほど長期滞在する時は、もう一回薬をもらいに行きます。

かなり大量の薬。。。

税関で文句言われないように、処方箋は必ず持って行きましょう。

海外旅行持ち物リスト お薬・常備薬

医師の処方薬 医師の処方薬は国によっては、使われていなかったり違法であったりします。事前に医師に相談しましょう。出入国の時にトラブルを避けるためにも処方箋は持って行きましょう。
かゆみどめ 泊まった宿のベッドでわけのわからない虫にさされ旅行期間中異様なかゆさと闘いました。かゆみ止めを買ったのがオーストリアでしたがほとんど効き目ありませんでした! かゆくないことがこんなに幸せなことかと治った後思いましたね。今でも痕が消えません。
睡眠薬 時差ぼけの解消や、興奮しすぎて眠れないときなど。
ただ、国によっては向精神薬は持ち込み禁止ですから、きちんと調べて無用なトラブルは避けましょう。
長距離フライトの機内で眠るために睡眠薬を飲むのはエコノミークラス症候群になりやすいので厳禁。機内では、メラトニンサプリメントなど天然系の眠くなる薬をオススメします。
メラトニンサプリメント 薬 朝までぐっすり『ネムナール』 などの天然系のメラトニンサプリメントを持って行くと良いかもしれません。時差ぼけ対策にも効きます。
日焼け止め 現地で売っているものは白くなりすぎ
マスク 飛行機の臭い対策・乾燥や埃対策・風邪対策など使い道は多い。
風邪薬 気候の変化、環境の変化で体調を壊しやすい。
胃薬 食事の違い衛生面の違いで、お腹を壊す人が多いようです。
歯ブラシ・歯間ブラシ 海外で、歯が痛くなったら、特に後進国では大変です!
余裕があれば、旅行の前に歯医者に検診に行きましょう。時間がかかることもあるので早めに!
携帯用ウォシュレット 海外でも幸せな気分になれます!
コンドーム 日本製のコンドームは薄くて性能が良い。
国によっては、女性が持つのが当たり前だったりするので、ロマンスを求める女性の方。コンドームつけないとやらせてもらえない国もあるのでロマンスを求める男性の方。STOP AIDS!!