ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国人の性格と考え方 その他いろいろな視点より

ものをため込む性質

2007.01.07

中国では古い物がたくさん残っている。

「中国は新しい物はないけど、古い物がたくさんある。」

と、中国人は誇りに思っているところがある。

そのせいか、中国人は自分の歴史を非常に大切にする。

非常に古いノートを持ち歩くキャリアウーマン。

ハードディスクが壊れて、中にあった大切な思い出の写真がなくなったと泣く女の子。

引っ越しの際には、すべての持ち物を運ぼうとする学生。

「捨てる」という概念がまだ発達していないのか。

リサイクルの概念が発達しているのか。

 

ルームメイトの一人っ子世代の小公主(22歳女性)も、いろんなものをため込む性質がある。

そのものをため込む姿は、親の世代を思い出す。

そんな、箱なんか取ってないで捨てても良いのに。

ビニール袋も、全部保管しなくても良いのに。

新聞紙もとりあえず全部保管しなくてもいいのに。

って。

 

発展途上の国で、ものがない子供時代を過ごしたことも一因だと思う。

ルームメイトは、そういう「古い」考え方と、一人っ子世代の「新しい」考え方を持っていて、オイラはまだ全体像をつかめないでいる。

理解するのが難しい。

 

日本は、「どうやって美しく壊すか」という時代に入りつつある。

建てるものも建てる場所もなくなりつつあるから。