ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国人との付き合い 相手を大切に想う表現

愛情を押し付けがちな中国人

2007.5.20

中国人は女性に限らず、面倒見が良い。

友だから、近所に住んでいるからというだけで驚くほど親切にしてくれる。

たまに、日本だったら家族でもここまではしてくれないんじゃないかな?って思うこともある。

しかし、その人に対して親切にすると言う気持ちが強すぎて辛いこともある。

「こうした方が幸せだから、こうしろ!」

という愛情の押し付け。

あ~日本に格言があったなぁ。

あなたの小さな親切。わたしの大きなおせっかい。

愛情の押し付け

たとえばルームメートその2

^-^ほうしうは、朝はパンとフルーツとコーヒーで幸せな一日が始められる。

しかし、ルームメート2は朝きちんと食べないと体に悪いからと、食事を作ってくれたことがあった。

最初のうちは不機嫌だったけど無理して食べてた。

そのうち「朝は、パンとフルーツとコーヒーでいいの!」と説明した。

しかし彼女は頑として聞かない。

朝はきちんと食べるものだ!と。

大きなおせっかいだ。

あるいは、彼女は、蚊取り線香は体に悪いから、スプレー式の殺虫剤を撒いていた。

そっちの方が体に悪そうなのに。

こういうことは中国人と付き合っていると多々ある。

「ほっとけ、俺のやり方があるんだ!」と小一時間文句言いたい。

愛情の押し付けに対して

愛情の押し付けに対しては、「これが俺のやり方だ!」と主張しないと辛くなる。

お互いが冷静で、相手が納得できる理由を説明すれば、分かってくれる率は高い。

今まで困っていたのが、凹んで人と喋りたくないときに、一人にさせてくれない中国人のやさしさ。

それに対しても、「凹んでいるときは一人の時間と一人の空間と一人で眠ることが必要だから」と冷静なときに言ったら分かってくれた。

ルームメート2がいるときにイライラしすぎたのは、イライラしているときに説明しようとしたからだろう。

イライラしながらだと、同じことを喋ったとしても結果は悪くなるから。