ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国人の性格と考え方 [2ch的] 批判的視点より 権力志向と差別意識

中国人は権力志向!!が強い

2007.01.08

中国人で良い大学に行った人や、海外に留学したいわゆる上層社会の人々は、日本人と比べたら格段に権力志向が強い。

「政治家になりたい。」

「管理職になりたい。」

「会社の社長になりたい。」

それを聞くとって思ってしまう。

もし、他の文化に生まれて、同じ夢を持つ人であればそれも構わないが、中国という文化に影響されてそうなっているとしたら、それはちょっと違うんじゃないか。

自分の夢というよりも、社会に流された、「社会が理想とする成功像」を追いかけているに過ぎない。

それに気づかないで、権力志向が高い人を見ると、本来の自分を見失っているようで少し悲しくなる。

いったい何が欲しいの?

 

中国で権力志向が強いのは、他の国よりも、上に立つ人の支配力が強いからだろうか。

仕事でも上司の言われたとおり、機械のように仕事をこなす人が多い。

それ以外の応用が利かない人が何と多いことか。

専門分野ではプロフェッショナルだが、その他の分野ではまったくダメ。

自分で考えることを忘れているように映る。

文化大革命で、「中国が発展しないのは、指導者が悪いからだ!」といって大量に殺戮した歴史を見ると、中国人の指導者に対する考え方、一般国民の意識が分かる。

すべてを指導者に委ねている。

考え方も、行動も。未来も。

 

ある政治家が言ったそうだ。「中国ほど支配しやすい国民はいない。」と。

その意味は政治にはほとんど関わりのないオイラでもよく分かる。

中国の民衆は、一般的に自分で考えず、常に指導者の言葉を待っている。

中国人はそういう文化の中で暮らしているから、自分たちでは気づいていないらしい。

考えることを忘れたら、人間と言うよりも機械なのに。