ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国でのビジネスとサービス

中国の仕事は速くて荒い

2006.05.07

中国人は働かないと印象を持っていたが、そうでもなかった。

中国の仕事は驚くほど速いことが多い。

で、ありえないほどに荒い。

どんな感じ?っていうのは下の動画を見てもらうとある程度の雰囲気は掴めると想う。

中国の郵便:ひょっとしてギャグでやってんのか?
Could it be a joke? He works like an Italian...

予想に反して北京の仕事は日本と比べると速い。

電話一本で即座にやって来て作業をする。

複雑で無意味なマニュアルに囚われることを良しとしないから自由度が高い。

まぁ人口も多いし競争相手も多いから、そうしないと仕事が取れないという面もあるみたいだけど。

しかし、完成したものはありえないほどに荒いことが多い。

日本だったら商品やサービスにならないだろうね。

行程が一つ二つ抜けている?

素人がやっている仕事となんら変わらないかもよ。

傾いた屋根。

雨漏りのする屋根。

水の漏れる水槽。

プロジェクターの使い方を知らない、プロジェクター屋さん。

大らかなのは素晴らしいと想うけど、メリハリ付けてもう少ししっかりやろうぜ!

中国の整備不良の車 中国の車 整備不良

ペットボトルをウォータータンク代わりに・・・

798芸術地区時代

798芸術地区で仕事をしていた頃はストレスが大きかった。

専門職でもちょっとだけ詳しい素人がやっているのと変わらないんじゃ?って疑問に感じることもある。

もっと緻密にプロフェッショナルな仕事がしたいと最近良く思う。

場所の下見や事前の打ち合わせや機材の確認設置をしようよ!

当日一時間前に来て、あれがない!これがない!こうしたい!ああしたい!って、きみらは学芸会をやりに来てるのですか?

照明の位置を変えたいって始まってから言うなよ。

無理だから。

プロの仕事じゃなく、シロウトの遊びみたいだよ・・・。

で、できあがるものは日本の繊細さを基準にして考えるとイライラするほどに、荒い。

特にアートという繊細な感情を扱っているんだから、職人さんにも同じぐらいの繊細さを持って欲しいというのは、求めすぎなんだろうなぁ。