ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国人の性格と考え方 中国人と時間に関する考え方

中国人の基本的な考え方
時間はた~っぷりある!

2007.4.29

中国人は「時間はたっぷりある」と思いながら行動している。

それに気づくと日本での暮らしは、知らず知らずのうちに「時間はない!」と時間という幻想に追われがちになる。

「時間はたっぷりある」視点から見るとある種独特な彼らの行動パターンも、なるほどと思えることも多くなってきた。

「時間はたっぷりある!」という学び!

初めて中国を訪れたときに、中国の街並みの中で人々が、スローモーションの映画のようにゆっくり動いている気がしたのを覚えている。

街並みが大きいから、そう錯覚したのか、異国だから集中力が高まって時間がスローモーションに感じたのか、たまたま動作が遅い老人をみたのかは定かではないのだけれど、そのときに「中国はのんびりした国だな、時間がゆっくり流れている感じとは言うけども、動きからしてスローモーだな」って思ったのを覚えている。

最近になってようやく中国人の基本的な思想は「時間はたっぷりある」ということが分かった。

それで、日本で無意識に身に付いた「時間はない!」という視点から開放された。

追われる必要などないのに時間という概念に囚われ、追われていたようだ。

この無意識下にある囚われは怖いもので、行動や思考法を知らず知らずのう方向づけてしまう。

この「無意識の呪縛」を解き放つには海外や日本の一般的な社会とは切り離された場所でないと難しいのかも知れない。