ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
健康とスポーツ 街で見かける中国のスポーツ

中国のサッカー

2006.07.01
追記 2010/01/04

国を挙げてエリートを養成する中国スポーツ界の中で、サッカーだけは、いつまでも一流の仲間入りができない。

「俺が俺が!」の国民性だからチームとして機能しないんだろうか?

街でサッカーボールを蹴っている少年なんて見たこともないし、 サッカーは中国では人気がないのかと想っていたけど、プロサッカーリーグもあるしワールドカップでは大いに盛り上がっていたから、そうでもないみたい。

中国スーパーリーグ

2010/01/04

1994年、日本より1年遅れてプロサッカー・中国スーパーリーグが誕生した。

2002年にはあるクラブで監督から選手まで多数が八百長に関与していたことが明らかになったが、関与者の数が多すぎること、ワールドカップ開催年であることを考慮し、摘発は見送られたという。

あまりにも素養に欠けたプレーが多く、レベルも高いとは言えないが、2009年現在 中国スーパーリーグでは年収300万元(約3900万円)を超える選手も多い。

中国サッカー協会超級リーグ公式サイト(中国語)

2006 ワールドカップ サッカー 北京の模様

2006.07.01

2006年のワールドカップは北京で、テレビ観戦。

すべての試合が放送されるので、日本戦も観戦できた。

ワールドカップ期間中は、街でも大型スクリーンとプロジェクターの大画面で観戦出来る場所が至る所に設けられ、夜の食堂でも、食べながら、叫びながら、サッカーを見ている人が多い。

ニュースで「ワールドカップの興奮で6名が死亡」 「ワールドカップを見せろと暴動を起こした学生たち」が印象に残る。

街の雰囲気を見ているとそのニュースも驚きではない。彼ら興奮しすぎ・・・。

中国がワールドカップで活躍したら、どうなるんだろう。。。

ショック死する人が続出しそうだ。