ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国でのビジネスとサービス 中国の食べ物サービス

予約してた食べ物? 今ないよ・・・

2005.05.30

毎日のように夕食を食べに行く食堂にて。

料理を電話予約して店に来たお客さんに電話を受けたウェイトレスが「予約したもの?ないよ」って言って追い返した。

相手も「あっそう。」って言う感じですごすごと帰って行った。

文句言っても「無いって言われたモノは無い」からダメだと悟ったんだろうか?

オーナは激怒。

はげた頭から湯気が見えそう。

違う世界に逝っちゃってる感じで怒った。

その電話で受けた女の子が「私は悪くない食材がないのが悪い」って言い返すから、オーナーは頭にやかんを乗せたら沸騰するぐらい怒った。

どう考えてもそのウェイトレスの女の子は厨房に連絡をしなかったから非がある。

それでも謝らない。

「だって、いつもはある食材が今日に限ってないのは私の生じゃないもん!」

とで言い返すだろう。

一般的に中国人は謝るのが嫌いだ。

謝ってしまうと負けだと感じてしまうらしい。

それで自分の大切な誇りを失ってしまうことなんて無いと思えるんだけどね。

追記 商売が下手?

2005.11.04

中国はサービスが悪いことから「商売が下手」だと感じるようになってきた。

例えばレストランでは「食事を提供する」以上の接客サービスは必要とされない。

そう考えると「食事を気持ち良く提供する」付加価値を付けた日本人は商売が本当に上手い!