ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国でのビジネスとサービス 中国の食べ物サービス

メニューになくても頼めば作ってもらえる

2008/03/31

中国人は「俺は食べたいものを食べるんだ!」「お前が食べたいものを食べさせてやるんだ!」という気分が日本人よりもずっと強いように思える。

中国人と一緒に食事に行くと「何食べたい?」といつも聞かれる。

「別に何でもイイよ。」って答えたいけどそれは彼らに対しては答えにならない。

何か考えてひねり出す!

食べることを非常に重要視する国民性だから、街には庶民の食堂から高級なレストランまで数多くの食堂があり、中国各地・世界各国の特色料理を楽しめる。

中国のサービスは一概に悪いが、こと外食産業に関しては、日本よりも便利な部分が多い。

庶民の店では、その店に無い料理を他の店に注文して持ち込み食べることも日常で良くあることだし、メニューに書いてない料理でも頼めば作ってもらえることも多いし、だいたいの店では出前配達してくれるし、それが普通であるようだ。

ただ残念なことにそれが良い接客には繋がってはいない。

「良い接客なんて入らないでしょ?あんたが食べたいものを食べさせてるんだから」とでも言われるだろう。

何にしても「食べたいものを食べるんだ!」という気分を非常に重要視する国民性だと思う。