ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の直面する問題 男尊女卑と売春買春問題

中国の男尊女卑と売春買春問題
~ 貰ったお便りから考えてみた~

2007.9.21

中国の売春問題についてはけっこうお便りを貰う。

中国の実態を目の当たりにすると複雑な感情を抱えてしまう人が多いようだ。

中国人はよく働くとの話を信じ、わざわざ共同組合にまで加入して、従業員募集に中国へ行ったが、契約後は連日買春!中国での売春は死刑にも値するんじゃないのか?買う日本人が悪いのか、提供する中国人が悪いのか。ただただショク!!

中国人の友人と河北旅行に行った時、友人はこう言った。

「この辺は100元で売春できる。俺が金を出すからどうだ行かないか?」

中国人男性は、人をもてなすときに性的マッサージや買春の提案をする傾向がある。

売春婦に対しては、厳しい目を向けるのに、買春する人には、そこまで厳しい目は向けない。

「売春婦は人間じゃないから」と訳の分らない自己弁護をしている男性も多いし、社会的にもそのように想われている節がある。

中国は社会のひずみの大きすぎる発展途上国で、売春しないと生きられないような女性も多いというのに、そういった男性側の傲慢な態度が売春婦の立場をより苦しいものにする。

買春旅行する日本人は後を絶たないという、そういう中国の実態を知ってしまうと、複雑な気分になる。