ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の直面する問題 中国の食品:安全性問題
中国の食べ物 中国の食品:安全性問題
中国料理世界チャンピオンの店 皇朝

生活に溶けこんでいる「段ボールで作る肉まん」

2007.7.13

北京オリンピック前に、豚肉と段ボールで肉まんの具を作っているという衝撃的な報道があった。

2007.7.11 ダンボールで作る肉まん

11日の北京テレビによると、北京市朝陽区のヤミ食品工場が、豚肉ミンチに古い段ボールを溶かしたものを加えてつくったあんで肉まんを製造していた。インターネット上では北京市民らから「もう街角で肉まんは食べられない!」との悲鳴が上がっている。

 北京テレビ記者が、ヤミ食品工場に潜入取材、生々しい映像とともに報道した。ヤミ工場関係者の説明によると、古い段ボールを水酸化ナトリウムに浸し、溶かしたあと40%の豚肉、葱(ねぎ)をまぜ、豚肉味の香料など調味料で味付け、肉まんにして毎朝街角で売っていたという。色といい、食感といい、本物との見分けはつかず、このヤミ工場では毎日1000元(約1万6000円)分前後の肉まんを売りさばいていたという。関係者によれば、全国の肉まんヤミ工場がみなこのニセ肉まんの作り方を知っているとされる。

 中国では昨今、豚の感染症流行の上、世界的なトウモロコシの値上げで豚の飼料も高騰したため、養豚をやめる農家が激増、豚肉不足に陥り豚肉価格が高騰。このため、病死した豚の肉や水を注入した「水増し豚肉」が市場に普段より多く出回っていることに注意が喚起されていた。

その後その報道は虚偽で、段ボール入りの肉まんは存在しないとの釈明報道がなされ、段ボール入り肉まんをスクープした記者は1年間の刑務所で服役することになった。

素直な中国人は「何だ嘘だったのか」と以前と変わらずに肉まんを食べるようになった。

それが段ボール入り肉まん事件の大まかな流れ。

段ボール入りの肉まんって本当にあるのか?

で、実際段ボール入りの肉まんって本当にあるのか?

ある。

悪いけど食感で分かる。

紙を食べている感じがある。

そのニュースを知らないときは「紙を食べてるみたいだなぁ?でもこんなもの?中国人はみんな当たり前のように食べてるし。中国産のネギでこういう食感なのかな?」と深く考えずに食べていた。

だってみんな食べてるんですもの!

それに慣れるまでの数回は食べた後に日本では経験したことのない変なお腹の痛みがくる。

慣れてしまうと食べてもお腹は大丈夫になる。

肉まんに段ボールが入っているなんて思考の斜め上をいっちゃってるし、そんなこと想像すら出来なかったから報道されるまでは郷に入っては郷に従えでがんばって食べてた。

報道されてからは目の前で調理している場所や信頼できる場所や美味しいと評判の店にしか行かなくなった。

ほんとうにどこにでもあるから。