ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国のインターネット

msn messengerの中国的COOLな使い方

2005.12.1

日本行きの航空券を取ることになった。

ネットで情報を探して、中国語がそこまで堪能でなかったので知り合いに電話してもらった。

ホームページ上のメールアドレスに情報を送るように指示されたのでホームページを開いてチェックすると、その会社のアドレスは HOTMAIL(無料)だった。

会社のメールがHOTMAILは信頼性がなさそうでいかにも中国っぽいなぁと想った。

日本だったら会社のメィルアドレスがHotmailだと2chなどで笑いものになる。

変な広告とか来たら嫌だからこっちもhotmailアドレスを使って情報を送信した。

送信が終わってしばらくパソコンで仕事をしていたら、msnのメンバリストに追加されたとポップアップが出てきた。

誰?

。。。。。。

。。。。さっきの会社!。。。。

msn messengerを通して情報の確認をしてきた。

びっくり。

でも、このシステムは、COOLだ。

個人情報うんぬん言わなければ、仕事が速くて楽になる。

その場で確認できるから。

 

日本ではこういうやり方はあまりないような気がする。

彼らにしたら、こんな便利な物何で使わないの?

個人情報ってなに?

便利で速いからいいじゃん?ってことなんだろう。

中国はネットの使い方も合理的だと感じた。

考え方は日本よりシンプルである面で進んでいるとさえ感じる。