ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の食べ物 北京の料理と食材

中国のお米とおにぎり

2005.11.6

中国の米はあまり美味しいと感じない。

むしろ、まずい。

おかずはあんなに美味しいのに・・・。

お米はなんでこんなにまずいの?

おかずが主役で、米は口に入ったらいいお腹がふくれたらいいっていうレベルだ。

南方から来た中国人の知人も北京の米はまずいと文句を言う。

美味しいお米と、中華料理在ったら最高なのに。

日本米の輸入

日本米を輸入する許可が出たというニュースを読んだ。

中国の富裕層を中心に需要があるのではないかという話だったが、どうだろう?

米不足の時にタイ米がひどくまずいと日本人は言っていたが、タイの人に言わせると、日本のお米はまずいそうだ。

慣れの問題が大きいのかも。

おにぎりは一般的でない

おにぎりは中国語では「飯団子(“飯糰”)」。

中国では冷たいご飯・食事は亡くなった方に供えるという印象が強いのであまり好まれない。

またおにぎりというものに対し「下賎な者が食べる物」「やむを得ない場合の携行食」というイメージが強く根付いており日常的に食べられることはまずなかったそうだ。

しかし最近日本系のコンビニエンスストアがおにぎりの販売を初めて徐々に浸透しいるそうだ。

でも中国のコンビニのおにぎりは酷い。

海苔が湿っていたり、質の悪い米を使っていたりと。

日本に帰ったときに楽しみに取っておこう。