ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の食べ物
中国料理世界チャンピオンの店 皇朝

中華料理は、まじ火力が命です!

2005.08.15

中華料理は火力が命です。

一般家庭にある備え付けのガスも日本と比べると火力が強い強い。

鍋をかけて、いっぱいにガスをひねると鍋の側面まで火が達する!

それを見た中国人は鍋の側面に火が回らないように火を小さくしなくちゃと言ってた。

それを聞いて、中国では鍋の側面まで火が届くぐらい火力が強いのが普通なんやって感じた。

日本で小さい鍋でもそんなことはあまり無いよね?

中華料理は、まじ火力が命です! 追記

2006.02.27

引っ越しした。

まず大家さんに言われたこと。

「ガスを使うときは必ず窓を開けて。

開けないと空気薄くなって死ぬから。」

それほどまでに・・・。

空気薄くなるほど火力が強いんですか・・・。

さすが、中華料理4000年の歴史だ・・・。

プロの中華料理も火力が命です!

料理屋の火力は更に強くて、フライパンの上からの炎が見える。

厨房が見える店はどこでも炎が舞い上がっているし、人間大?って想うほど大きな炎を操ってる料理人もいる。

中華料理は火力が命です!中華料理は火力が命です

どこの店でも厨房は炎が舞い上がる!

中華鍋のトリビア 持ち手の断熱

中華料理店の料理を作る際の熱量は7000~8000キロカロリー、鍋の温度は一番熱い場所で400度にも達するという。

それでも熱さが足りないときは、火に風を吹きかけて激しく燃やして、3万キロカロリーにもなることもある!

断熱できる温度の限界を超えているから、中華鍋は持ち手の断熱が施されていない。

プロは300度で、鍋を空炊きしてから使うから、プラスチックの持ち手だと溶けてしまうし、木だと燃えちゃうから使えない。

そんな激しく熱い中華料理をも作れるようにできているのが、「持ち手が熱くなる」中華鍋なんだって!

火を怖がらない中国人

石と煉瓦の建物で火事があまりないことと、料理で火を見慣れているからか、中国人はあまり火を怖がらない印象がある。

旧正月の戦火の中のような爆竹も日本だったら至る所で火事になることだろう。

たばこのポイ捨ても当たり前だ。

豪快に投げっぱなす人も良くみかける。