ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の食べ物 中国のお酒・お茶・飲み物
中国人の性格と考え方 : 医療と健康
中国茶 スターターキット
[中国茶スターターセット] 届いたその日から 中国茶の世界を楽しむ [送料無料]

山楂のお茶

2006.03.05

北京では食べ物が基本的に合わないらしく、良くあることだけどお腹と体調をくずして顔がやつれていたら、いつも良く行く食堂のおっちゃんが心配してくれて、胃の調子が良くなってぐっすり眠れる効果があるからって教えてくれた山楂のお茶。

サンザシ山楂:サンザシは中国原産のバラ科の植物で、甘酸っぱい果実。小さな酸っぱいリンゴって感じ。
消化不良・二日酔いに効く薬として古くから重宝されてきたそうだ。北京の冬の風物詩「糖葫芦」としてもおなじみ。食堂の人たちは山楂ではなく、山里紅と呼んでいたなぁ。


.

山楂をスライスして乾燥させたものに砂糖を入れて、熱湯をかけてふたをかぶせてちょっと待てばできあがり。

少し甘くて、少し酸っぱい。

恋の味か?

基本的に美味しい。

作り方を聞いたときに、「砂糖はどれぐらい?」って聞いたら、「甘いのが好きだったら多めに。自分の好みで。(当たり前やろ?何分かりきったこと聞いとるん?)」って答えが妙に中国っぽいなぁって思った。

飲んだら、胃の調子はともかく、とても落ち着く。天然の精神安定剤みたいな感じ。

最近のマイブーム。

朝は珈琲。夜は、これ。

中国はちょっとした場面で「健康に○○」や「風水的に○○」ってよく聞く。

意識の奥に根付いている。

ありがとう、おっちゃん!

ありがとう、中国4000年の歴史!