ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の食べ物 中国のお酒・お茶・飲み物

ビールは冷たいの? ぬるいの?

2005.5.11

青島ビール友達とビールを2本頼んだ。

一本目はシャーベット状のビールだった。

これはこれで面白い。

で二本目のビールは中で固まって出てこなかった。

冷蔵庫温度低すぎ!

店員が出てきて、箸で突きながら無理矢理にビールをコップについだ。

「 いいやん、飲めれば。」

その辺の大らかさが好き♪

楽。

肩がこらない。

羽を伸ばせる。

追記 ぬるいビール

今日行った店のビールはぬるかった。

冷たいビールって頼んで冷蔵庫には入っていたんだけど冷蔵庫効かなすぎ!

日本ではビールは冷たく冷やすもの!って思ってたけど、こっちではそういうこともなく「ぬるいビール?冷たいの?どっちにする」って聞かれる。

以前、中国人の友達が「ウーロン茶が冷たいのは日本の大発明だね。」って言っていたのを思いだした。

冷たい食事は亡くなった人にという考え方が強かったからだろうかペットボトルや缶の商品が登場する前は、中国には冷たいお茶を飲む習慣すらなかったという。

そういう背景があるから食事と一緒に冷たいビールを飲むというのに抵抗がある人もいるのかもしれない。

ただ、ぬるいビールは。

う~ん、どんなもんだろう?

追記 パイナップルのビール

北京にはパイナップルのビールという物がある。

他の地域では売っていないから、パイナップルのビールをお土産で持って行くと喜ばれるという。

味は、甘いジュースみたい。

名前はビールだけど、ビールじゃないよ。