ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
北京の風景 北京のサウンドスケッチ

北京のサウンドスケッチ
2007.8.14 鼻をかむ音は嫌い

鼻をかんで、「ごめんなさい」って言ったお姉さん。

その直後に何も気にせず、か~っ、ぺっ!と唾を吐く。

中国の文化は何かがずれていることが多い気がする。。。

2007.8.14 鼻をかむ音は嫌い

北京はうるさい。中国人は大きな音に基本的に驚かないようにできているからか街中がノイズに溢れている。

唾を吐く音なんて気にしないし、トイレでの排泄音も気にしない。

そんな彼らでも、不快に感じる音はあるようだ。

西洋人がいっぱい集まって、ざわざわとしゃべっている音。オイラには不快ではなかったのだが、そこにいた中国人は「うるさい!」って、少しぷちっと切れていた。

お前らの方がうるさいと思うけどね。

おならの音も多少は気にするようだ。

小皇帝ルームメートがいたとき、部屋からおならの音らしきものが聞こえてくることがあった。目の前で屁をこかないところとみると、多少は気になるようだ。1人でいるときは、隣の部屋に聞こえるほどの音量っていうのも中国人ぽい。

まぁとにかく中国人は繊細とは程遠い。豪快だ。

文化の違いで、へー面白いなと思うのが、中国人は鼻をかむ音が嫌いなこと。

風邪気味で、食事のときに鼻をかんだら、「中国人はその音は嫌いだから、食事中は控えた方がいい」と言われた。

街の中でも、手鼻はかむからその人が神経質なのかと思ったけども、どうもそれだけではなさそうだ。

掃除のお姉さん(35歳♀)が来たときに、風邪気味だったのか、ティッシュで鼻をかんだ。

「ごめんなさい。」って、中国人らしからぬ丁寧な態度だった。

鼻をかむ音は、嫌いだというのは、本当らしい。

でもここからが、中国っぽい。

鼻をかんだお姉さんは、外に出て、か~っ、ぺっ!とタンを吐いて、それから仕事を続けた。

鼻をかむ音は気にしても、か~っ、ぺっ!は中国人には気にならない音らしい。

中国の文化は他国とは少しずれていることが多い。