ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
中国の芸術・北京のアート ヌード芸術[エロティック]
恋に関する etc... 中国人と裸の♪お付き合い

中国のヌード芸術の現状

2008/08/09

中国では「ヌード」「薬物」「政治批判」は絶対的にタブー。

観ている方が痛いほどにそれらの話題に関しては敏感だ。

ヌードに関していうと、報道写真では基本的に乳首が写らないようにしているし、写った場合は下の写真のように修正が入る。

中国人のヌードアート
中国の前衛アーティスト海容天天さんのパフォーマンス

中国人ヌード芸術 [画像] 中国の前衛アーティスト海容天天さんのパフォーマンス

ヌードアートも開放路線!
マリーナ・アブラモヴィッチの展覧会より

2008/08/09

しかし最近ではヌードアートに関しては寛容になってきている。

当局が「芸術」と認めれば、下ようなヌード写真や画像や絵画が公開される場合もだんだんと増えてきている。

ヌードに慣れていないからか食い入るように見つめる中国人男性の背中が印象的だ。

北京市内の環碧堂画廊:「史跡・造像」現代写真展中国人ヌード芸術 [画像]

旧ユーゴスラビア出身の女性アーティストのマリーナ・アブラモヴィッチの作品
「リップス・オブ・トマス(トマスの唇)」
参考 パフォーマンスの美学

この写真展を企画した環碧堂画廊とははいっしょに仕事をしたこともある。

伝統的な作品を展示する画廊かと思っていたが今回の現代写真展のニュースには少し驚いた。

これがもし、中国人女性の体に傷をつけるパフォーマンスなら当局は許可しなかっただろうけど。

数年前、2005年の4月北京に来た頃ではこういったヌードアートが公開されることはなかった。

時代の流れのスピード、中国人の意識の変化の速さに驚く。

現代写真展でのヌード画像

北京市内の環碧堂画廊で2008年3月21日、「史跡・造像」と題した現代写真展が始まった。

旧ユーゴスラビア出身の女性アーティストのマリーナ・アブラモヴィッチの「リップス・オブ・トマス(トマスの唇)」という作品が注目を集めている。

マリーナ・アブラモヴィッチは、パフォーマンス作品を中心に発表している女性アーティストで、「リップス・オブ・トマス」はもともと、自らの腹にカミソリで星型に傷を付けていくパフォーマンスと、その記録の映像作品だったという。

パフォーマンスとしての自傷行為を記録した作品は衝撃的で、食い入るように見つめる来場者もいたという。
(中国情報局ニュースより)

話題になった中国人ヌードモデル Zhang Xiaoyu

2009/09/19

中国人のヌードに関していうとMetArtというサイトで撮影された中国人モデル Zhang Xiaoyu の美しいヌードが話題になった。