美容と健康
美容に関連する用語集
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
美容と健康関係のお買い物なら、StoreMix!

大豆イソフラボン

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれ。今のところ、15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとしてさかんに研究されています。

イソフラボンは大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれてます。

イソフラボンの効果

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。

イソフラボンを積極的に摂取することにより、現代人の乱れがちなホルモンバランスを整え、各種疾病に効果があるとの研究成果が発表されています。

イソフラボンと更年期障害

のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはおおいに有効です。

イソフラボンと骨

牛乳などでカルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中のカルシウムはどんどん溶け出していってしまいます。

イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ちます。

イソフラボンと骨粗鬆症

骨粗鬆症は閉経後の女性に多い病気ですが、閉経後に起こりやすくなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの不足によります。

エストロゲンは、骨から溶け出すカルシウム量を抑えて骨を保護する役目をしています。

イソフラボンは、その女性ホルモンの激減を緩和します。

イソフラボンとガン

イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きますので、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。

乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても、イソフラボンは効果的に働くと考えられています。

また、イソフラボンにはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども報告されていますので、乳がんや前立腺がん以外にも、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に対する有効性が期待されています。

イソフラボンと動脈硬化

血液中のコレステロール、特に「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの増加が動脈硬化を促します。

一方、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールは悪玉を減らす作用があるのですが、イソフラボンは悪玉を減らすうえに善玉を増やすという理想的な実験結果を出しています。

イソフラボンと美容

イソフラボンは女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあり、美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。

ほかにも豊胸効果(バストアップ)や生理不順の改善など、女性にうれしい作用があります。

ちなみに、バストアップとして話題のプエラリアの主成分は、イソフラボンの一種です。

イソフラボンと抑毛

ヒゲやムダ毛は、男性ホルモンによって成長が促進されます。

女性ホルモンはその成長を抑制しますが、イソフラボンにも同様のムダ毛抑止効果が認められます。

エヌナノ:男性のあごひげの抑毛する商品。

大豆イソフラボン/大豆異黄ケトンカルシウム軟咬嚢 大豆イソフラボンの商品ページへ
3,980円

女性に多く見られる骨粗鬆症・更年期改善などに。
Ads by STMX