ほうしう北京へおでかけ
旅行用品・スーツケースレンタル
about me ^-^ ほうしう メモ+^-^ほうしうの思想 海外生活で見えてきた日本と日本人

過保護

現代の日本は過保護

良く言えば、安全なシステムを構築している進んだ社会。

でも、ともすれば餌と安全を与えられすぎて、野生では生きていけない動物園の動物のようになってしまいがちな若者が多い。

2007.01.18 過保護

日本は、他の国と比べてシステムがしっかりしすぎているというか、オイラの目には過保護に映る。

「自己責任」という言葉がしばらく前に叫ばれていたが、他の国ではそういうことはあまり言わない。

自己責任?

それは当たり前だから。

 

現代の日本のような過保護な国で生活していく若者は、生命の本来持つ生きる力を失いがちかもしれない。

エサと安全を与えられ、牙を抜かれた獣。

動物園の安全な環境でしか生きられない

ギラギラしたようなワイルドさ・力強さが失われる。

誰も安全を与えてくれず、誰もエサを与えてくれない環境に置かれたら、彼らはどうやって生きていくのだろう。

 

先生が生徒をしかると、親が先生に「!(怒)」と叫ぶ。

過保護すぎではありませんか?

最近、人生を見失っている若者が多いのも、そういう過保護な社会が影響している気がしてならない。

そういう過保護っぷりが行き過ぎた世代がこれからどういう社会を創っていくのだろう。

いまのところは、ただ黙ってみていようか。


昔はこんなんじゃなかった。
本 国家の品格 は日本人の誇りを思い出させる、日本論。